安心して治療が受けられるための試み(コロナ対策強化)|黒川駅(名古屋市北区)1分の歯医者|みのデンタルクリニック

新型コロナウィルス対策について(第2報)

P有(美容院プラージュ裏)

黒川駅1分

キッズコーナー

愛知学院大学歯学部附属病院 歯周病科 非常勤講師

予防歯科

ネット予約受付

お問い合わせ・ご相談

歯科検診・初診随時受付いたします

052-910-1255

愛知県名古屋市北区田幡2-12-7-2F(黒川駅1分)

安心して治療が受けられるための試み(コロナ対策強化)

投稿日:2020年11月10日

カテゴリ:お知らせ

今年はコロナウイルスに始まり、新しい生活様式の取り組みがなされ、ライフスタイルに様々な変化が起きております。不要不急な外出をさけるなど、世の中が殺伐とし、活気が失われオリンピックもどうなることかというコロナ禍で人々は経済を立て直すべく様々な企業努力をし、明るい未来へと向かっております。

本来であれば、野球やサッカー様々のスポーツやライブなど大声で応援、声援したり、ミュージカル、映画、歌舞伎、演劇など感動共感を得て、日頃のストレスを発散するべきところ、それを上手くできない状況…

これがいつまで続くのやら、しかしさすが日本人は本来根づいている協調性、人を思いやる心のある国民性がコロナウイルスとの共存、すなわち新しい生活様式の試みにも順応しているように感じます。

さて、歯科治療が安心して安全に受けられるよう、以前より消毒滅菌レベルは世界レベルの水準をクリアし厚労省認定のかかりつけ強化歯科医院として治療を行っております。

歯のメンテナンスSPTは、痛みがないから不要なものなのでしょうか。緊急事態宣言発令時から、メンテナンスSPTの間隔が開いた患者様も今は、みのデンタルクリニックの様々なコロナ対策強化を院内で感じられ、今では通常どおり来院されております。

ただまた寒さが増してきた昨今、コロナウイルスが再び猛威を振るう可能性に対して油断はできません。

みのデンタルクリニックでは、全ての治療用チェアーと待合室、通路等に最新加湿空気清浄機、次亜塩素酸空気除菌脱臭機(99%インフルエンザやノロウイルスを抑制)および窓の解放換気を寒さで余儀なくされるため、換気強化のための温風付き扇風機も待合室に設置致し、また各治療用チェアーにも空気飛沫感染を抑制する最新口腔外バキュームも設置致しました。

近ごろはメンテナンスSPT の間隔が開いてしまい、子どもたちの歯肉炎や歯周病再発による歯茎の不調、かみ合わせのストレスによる歯の詰め物の脱離、歯の破折、歯がしみる知覚過敏症の方が増えております。これはマスクを常時着用しているため鼻呼吸がしづらく口呼吸を強いられ口の中が乾燥し細菌が増えてきてしまっていることや、運動不足ストレスによる血流障害、くいしばりなどが影響していると思われます。また口腔内細菌が増え、持病もあれば肺炎や誤嚥性肺炎になるリスクが高くなることも明らかなことなのです。

歯周病予防中心に100年メンテナンスを実現する歯科医院として、不急でなくとも不要ではない歯周病メンテナンスSPT は必要となります。

皆様の口に中の健康が一生涯続き近い将来、マスクをしている姿、体温測定、アクリル板の仕切り、こんなこともあったねと笑えるように頑張っていきたいと思っております。

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る