咀嚼嚥下能力低下の問題|黒川駅(名古屋市北区)1分の歯医者|みのデンタルクリニック

大型無料駐車場完備

黒川駅1分

キッズコーナー

愛知学院大学歯学部附属病院 歯周病科 非常勤講師

予防歯科

ネット予約受付

お問い合わせ・ご相談

歯科検診・初診随時受付いたします

052-910-1255

愛知県名古屋市北区田幡2-12-7-2F(黒川駅1分)

咀嚼嚥下能力低下の問題

投稿日:2018年8月28日

カテゴリ:予防歯科

〇咀嚼、嚥下能力の低下の問題

一回の食事の咀嚼回数と食事時間を調べた報告によると、昔は1420回噛み、約22分だったのに対して、今の食事は620回で約11分と噛む回数、食事の時間も半分に減っています。

よく噛んで食べるために、軟らかいものや、食べやすいものばかりでは、噛む回数や、食事の時間も増えません。噛みごたえのある食材や料理を多くするのも大切です。そのために若いうちから、しっかり噛める健康な歯を保つことが重要です。また、テレビを見ながらやスマホの操作をしたりしていては、食事や噛むことに集中できません。家族や友人とゆっくり食事を楽しみましょう。

口でしっかり噛んで、鼻でしっかり呼吸することにより、全身の健康を維持しましょう。

トップへ戻る