歯の脱灰・石灰化|黒川駅(名古屋市北区)1分の歯医者|みのデンタルクリニック

大型無料駐車場完備

黒川駅1分

キッズコーナー

愛知学院大学歯学部附属病院 歯周病科 非常勤講師

予防歯科

ネット予約受付

お問い合わせ・ご相談

歯科検診・初診随時受付いたします

052-910-1255

愛知県名古屋市北区田幡2-12-7-2F(黒川駅1分)

歯の脱灰・石灰化

投稿日:2018年9月11日

カテゴリ:予防歯科

〇歯の脱灰・石灰化

歯の表面のエナメル質が溶けて穴があいた状態が虫歯です。象牙質をこえ歯髄(歯の神経)に到達すると強い痛みを感じます。痛みがあれば不安になり歯医者へ行こうと思いますよね。

この強い痛みがでるころには、虫歯の進行が進んでいる状態(Ⅽ3、Ⅽ4)になっています。また、痛みがなくても長く放置された小さな穴でも、中で大きく広がっていることがあり、神経を取ることになりかねません。しかも、残念ながら一度治療をすれば、その歯は、二度と虫歯にならないわけではありません。ですので日頃から定期検診を受け、早期発見、早期治療が好ましいと言えます。

歯の周りに汚れ(プラーク、バイオフィルム、歯石)があると虫歯の出す酸で歯の表面が溶け出します。(歯の脱灰)また、唾液には歯の溶け出すのを中和する作用があります。(歯の石灰化)

これらのことから、よく噛まず食べることや、だらだらと口にものを入れている、就寝前にしっかり歯を磨かないなどの不規則な生活習慣は虫歯のリスクを高めます。

みのデンタルクリニックは、なるべく歯を削らない、できる限り治療をしなくて済むようにすることを一番と考えています。

歯の表面が脱灰し溶けて穴があく前に、つまりごく初期の虫歯の状態で表面の白く濁っていたり、表面的な褐色状態が再石灰化し虫歯の進行を抑えるのが最近の考えです。歯をできる限り削らないために、定期検診を受け、虫歯が進行しないための歯のメンテナンスや食生活等の生活習慣のアドバイスをするのが予防中心歯科治療です。

このように経過観察(Observation)の必要な虫歯「CO(シーオー)」と診断し、治療の必要な歯と分けています。

トップへ戻る