ツクシと生活習慣病|黒川駅(名古屋市北区)1分の歯医者・歯科医院

大型無料駐車場完備

黒川駅1分

キッズコーナー

愛知学院大学歯学部附属病院 歯周病科 非常勤講師

予防歯科

ネット予約受付

お問い合わせ・ご相談

歯科検診・初診随時受付いたします

052-910-1255

愛知県名古屋市北区田幡2-12-7-2F(黒川駅1分)

ツクシと生活習慣病

投稿日:2018年3月28日

カテゴリ:ドクターズブログ

こんにちは。Dr.シンゴです。皆さんは、ツクシを食べたことがあるでしょうか。

ツクシの効果・効能

ツクシには花粉症の改善・予防効果があると言われています。
花粉症などのアレルギーを悪化させる物質として、ヒスタミンやロイコトリエンなどがあります。
しかし、ツクシには抗アレルギー物質であるコハク酸やフラボノイド類が含まれていると明らかになりました。
それらの抗アレルギー物質の働きによりアレルギーによる炎症を抑えて、かゆみや鼻づまりなどの症状が緩和されることもわかりました。
しかも、花粉症の症状が出ているときにツクシを食べれば即効性があると言われています。

その他の効果・効能

花粉症予防以外にもツクシは、咳止め効果や心臓や血管、骨を丈夫にする効果、利尿作用、むくみを取る効果、老化防止などの効果があると言われています。
さらには、生活習慣病である高血圧や糖尿病、骨粗しょう症などの改善・予防効果が期待されています。
ツクシは春ならではの健康食材と言えますね。

ツクシの注意点

ただし、ツクシにはチアミナーゼと呼ばれるビタミンB1を分解し、消失する酵素が含まれています。
ビタミンB1が欠乏すると、脚気やウェルニッケ・コルサコフ症候群など主に2種類の病気が引き起こされる可能性があります。
脚気の症状として手足のしびれや全身の倦怠感、動悸、筋力の低下などがあります。
ウェルニッケ・コルサコフ症候群は、アルコールを大量に摂取する方やアルコール依存症の方に発症することが多い病気と言えます。
また、ツクシには植物性の毒であるアルカロイド類や無機ケイ素を微量含んでいますので、心臓や腎臓病をの方は食べないほうが良いと言われています。

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る