足つりと漢方|黒川駅(名古屋市北区)1分の歯医者|みのデンタルクリニック

大型無料駐車場完備

黒川駅1分

キッズコーナー

愛知学院大学歯学部附属病院 歯周病科 非常勤講師

予防歯科

ネット予約受付

お問い合わせ・ご相談

歯科検診・初診随時受付いたします

052-910-1255

愛知県名古屋市北区田幡2-12-7-2F(黒川駅1分)

足つりと漢方

投稿日:2018年3月12日

カテゴリ:予防歯科

こんにちは。Dr.シンゴです。
昨日のウィメンズマラソン天気にも恵まれ良かったですね。
やはり、フルマラソンともなると、足つりが心配ですね。それは、体質やコンディション、加齢によっても変わってきます。
そんなときに備えて、即効性のある芍薬甘草湯を持って走ることをおすすめします。
芍薬甘草湯とは、その名のとおり、芍薬(シャクヤク)と甘草(カンゾウ)の2つの生薬で作られた漢方処方です。芍薬に含まれるペオニフロリン、甘草に含まれるグリチルリチン酸などの成分が筋肉を弛緩させることで、「足つり」の痛みとこわばりを治してくれるといわれています。また、ドーピングにならないのも特徴です。

持ち運びしやすいタブレットタイプを選び、「足つり」の前兆が出始めた時、つまり足のケイレンが強くなる前に摂るのがポイントです。

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る