親知らずの抜歯|黒川駅(名古屋市北区)1分の歯医者|みのデンタルクリニック

大型無料駐車場完備

黒川駅1分

キッズコーナー

愛知学院大学歯学部附属病院 歯周病科 非常勤講師

予防歯科

ネット予約受付

お問い合わせ・ご相談

歯科検診・初診随時受付いたします

052-910-1255

愛知県名古屋市北区田幡2-12-7-2F(黒川駅1分)

親知らずの抜歯

親知らずはなんでもかんでも抜く!というのは間違いです

痛くない親知らずの抜歯

親知らずが萌えてきた方は、親知らずの抜歯の経験者から、そのまま残して腫れると痛いよ!抜く時痛いよ!と聞いて、抜かずに済むのか、どのタイミングで抜いたら良いのだろうかと悩まれると思います。いつか痛い思いをして抜くことになるという不安をお持ちの方が多いのではないでしょうか。しかし親知らずはどんな状態でも必ず抜くべきだというわけではありません。

親知らずは遠い昔、調理せずに硬い木の実や穀物を食べていた時代には、前歯が削れてすり減らないようにストッパーの役割をしていたと思われます。現代において親知らずの必要性がなく、元々親知らずのない若い方も増えています。

しかし、調理した軟らかいものを食べる現代人で、親知らずがまっすぐ萌えてる方は皆無と思われます。それは日本人の食生活が西洋化し顎が小さくなっていますが、歯の大きさは簡単には変わらずに歯並びが悪い方が増えていると思われます。

大抵は、まっすぐ親知らずが萌えず、様々な支障(親知らずの虫歯や親知らずの腫れ、リンパ節の炎症、嚢胞の形成、歯並び悪化のリスク)が生じる場合が多く、親知らずの歯根ががっちりしないうちに抜く方が良い場合が多くあります。

親知らずの抜歯をしたほうがいい具体的なケースとは?

親知らずは抜くべき

親知らずが歯ぐきから僅かに露出しているケース

親知らずは真っ直ぐに生えず、横や斜めに伸びてくることがあります。このような場合で、かつこれ以上親知らずが伸びてこないと考えられる場合には、親知らずを抜いてしまったほうがいいでしょう。歯みがきもしづらいため、虫歯や歯周病に罹患しかねないからです。

親知らずが手前側の歯を押すように伸びて歯並びを乱すケース

親知らずが横や斜めに伸びている場合、親知らずが伸びることで手前や隣り合う歯を押す形になります。これをそのままにしておくと将来的に歯並びがガタガタに乱れてしまう可能性があるため、痛む痛まないにかかわらず抜歯しておくほうがいいといえます。

親知らず周辺に嚢胞が確認できるケース

口腔内のレントゲン写真で、親知らずの周りに袋状の影が確認できることがあります。これは膿の固まりで、「嚢胞」といいます。この嚢胞が見つかった場合、衛生上の関係などから親知らずを抜いたほうがいいでしょう。

親知らずがズレており、歯ぐきや頬を傷つける可能性があるケース

親知らずがきちんと咬み合わずに伸び、そのままでは歯ぐきや頬の内側を傷つけかねない場合には、そうなる前に抜いてしまったほうがいいと考えられます。また顎関節症などを引き起こす親知らずも抜歯対象となります。

親知らずが重い虫歯となってしまっているケース

親知らずが酷い虫歯となっており、治療に負担が掛かる場合には、無理に残そうとするよりも抜いてしまったほうがいいこともあります。

親知らずを抜く時の痛みと抜いた後の痛みについて

親知らずの抜歯の痛み

親知らずを抜く時には激しい痛みが生じる、というイメージがあるかと思います。しかし実際に親知らずを抜く際には麻酔を用いるため痛みを感じることはありません。麻酔は注射によって行いますが、この際にも工夫をしますので痛みません。抜歯の痛みは、麻酔が切れた後に生じます。ただ、この痛みも治療や抜き方により軽減できるので、ご安心ください。

痛みの少ない親知らずの抜歯のための静脈内鎮静法
(チーム医療先:歯科口腔外科においての抜歯法)

時間と痛みの関係性歯科口腔外科で親知らずの抜歯によく使われる静脈内鎮静法についてご紹介します。

静脈内鎮静法は、点滴により腕の静脈から鎮痛薬を注入することにより、不安や恐怖心、時間の感覚を薄くする麻酔方法です。これによって、うっすらとした意識の中で、眠った状態とほぼ同じになりリラックスして治療が受けられます。治療が終わっても治療中のことは覚えていません。静脈内鎮静法に局所麻酔を併用することで痛みなく外科処置が可能です。

みのデンタルクリニックでは、埋まっている親知らずや前の歯に引っかかっている場合等、処置に時間がかかる場合や不安感がある場合は、より安心安全のため、チーム医療である歯科口腔外科を紹介させて頂いております。

当院では、親知らずは、歯周炎の状態や炎症、腫れ、開口障害等がある場合、投薬、歯周病治療を先に進めて行き、その間にチーム医療として連携している歯科口腔外科医によって、CT撮影を行ったり抜歯のメリット、デメリットでの抜歯の適否を診断したり、炎症消退後に歯科口腔外科で静脈鎮静法を用いたりして抜くという流れにしています。そのほうがはるかに痛みもなく安心です。

名古屋市北区で親知らずの抜歯を検討されている方へ

親知らずの診断や抜歯

名古屋市北区黒川駅付近で親知らずの抜歯をしたほうがいいのかどうかと悩んでおられる方は、ぜひみのデンタルクリニックまでご相談ください。当院では将来的な活用の可能性なども考慮した上で、抜歯の是非を判断しご提案致します。抜歯をしたほうがいいという結論になった場合にも、痛みを極力抑えるように処置するか、難抜歯については信頼のおける口腔外科をご紹介しそちらで抜歯を行っておりますので、ご安心ください。

トップへ戻る