つめ物・かぶせ物|黒川駅(名古屋市北区)1分の歯医者・歯科医院

大型無料駐車場完備

黒川駅1分

キッズコーナー

愛知学院大学歯学部附属病院 歯周病科 非常勤講師

予防歯科

ネット予約受付

お問い合わせ・ご相談

歯科検診・初診随時受付いたします

052-910-1255

愛知県名古屋市北区田幡2-12-7-2F(黒川駅1分)

つめ物・かぶせ物

みのデンタルクリニック式!審美歯科の精密性と美しさ

精密審美歯科

これらのように歯の外観を整え、改善するというのが審美歯科の役割です。当院では見た目だけにとどまらず、咬み合わせや口腔内との馴染み具合にも配慮した精密審美歯科を実践しております。また価格についてもリーズナブルであり、お手軽に審美性をお求めになれるよう努めております。

2次的虫歯になりやすい銀歯を多用しない

銀歯は使わない

歯を削った時に行う詰め物、被せ物治療の素材として日本で1番復旧しているのは銀歯です。銀歯は主にパラジウムなどの合金で作られておりますが、経年劣化による変形が激しいのが原因で、銀歯治療の10年での生存率は60%程度と言われています。

銀歯治療を行った歯が再度虫歯になったり、銀歯が取れたりして再治療となるのです。ですから当院では、なるべく最小限に削り、銀の被せものにならないようにしています。

ブリッジは5年で80%が脱離する

ブリッジの脱離

銀歯同様、ブリッジも短命な治療の代表です。ブリッジは、インプラントや入れ歯に次ぐ、歯が抜けた部分を補う治療法として広く知られています。しかし、実はブリッジ治療を行った箇所の8割が、脱離や動揺など何かしらの原因で5年で再治療となるというデータがでています。

しかもブリッジは両隣の健康な歯を削ったり負荷をかけるため両隣の健康な歯の寿命も短くなるのです。当院ではこのような理由からブリッジはご案内していません。

直接詰め物をして削る部分を少なくする「レジン充填法」について

レジン

レジンとはセラミックとプラスチックの掛け合わせ素材であり、このレジンをご来院時に歯へと直接詰め、修復するというのがレジン充填法です。歯科技工による詰め物との違いは、土台となる歯を削る分量です。一般の詰め物はしっかりと固定するため、土台部分の歯を大きく削る必要がありますが、レジン充填法なら悪い箇所だけを削れば足りますので、歯への負担も少なくなるのです。

審美歯科治療の効果を長く続かせる
「拡大鏡精密形成」について

拡大鏡

詰め物や被せ物を装着するにあたっては、土台となる歯(支台歯)を精密に形作る必要があります。この支台歯を形成するため、当院では歯科拡大鏡を用いて拡大し、細部までを精密に作ります。そうすることで歯と詰め物や被せ物のつなぎ目がきちんと合い、隙間から菌が入り込んで虫歯や歯周病となるというリスクを激減させられ、治療の効果が長く続くわけです。

当院ではブリッジは年間0本、銀歯の被せ物は年間10本程度しか使用していません

上記の通り、再発しない、歯科治療を行っておりますので、当院ではブリッジは開業依頼1本も行っておらず、大きく歯を削った時に歯に被せる銀歯の被せ物も年間10本強程度だけしか行っておりません。

一般的な歯科医院ならおそらく被せ物治療は400本程度は行っているでしょうが、当院は再治療が極端に少ないこと、予防歯科を徹底しているのが理由で、このような状態になっているのです。これからも「ほとんど治療しない歯医者」としてこのような状態を続けていきたいものです。

4番目と5番目の歯なら保険適用で白い歯に

CADCAM保険診療内で作ることのできる被せ物といえば、これまでは銀歯やHJK(プラスチック歯)だけでした。

しかしこのCAD/CAM冠(3Dプリンタ類似の器具で削り出したハイブリッドセラミック歯(セラミックと歯科プラスチックの混合素材)は保険の適用対象となるので安価であり、プラスチック歯と比べると磨り減りにくく色も変わりにくいという特長を有しています。

ただし保険の対象となるのは4番目と5番目の歯に限られます。

また、6番目の下顎(下の歯)も条件付き(上下の両側の第二大臼歯がすべて残存し、左右が咬み合っている患者様において過度な咬合圧が加わらない場合という条件)でCAD/CAM冠にすることもできます。

みのデンタルクリニックの審美歯科治療における「美」の捉え方

見た目を美しくするといっても、どうなれば美しくなったといえるのか、その判断基準が必要となります。そこで当院での「美」の捉え方について以下に示します。

歯の形

歯の形状

周囲の歯に馴染むように形作ることで、自然な雰囲気にします。

中心ラインの合致

正中の合致

歯と顔の中心ラインを合わせることで、整った感じにします。

スマイルライン

スマイルライン

笑みを浮かべたときに垣間見える前歯のカーブも考慮して調整します。

自然さ

歯の特徴

歯には個性があるため、それをも含めて天然の歯のように仕上げます。

性別

性別

男女で異なる歯の大きさや形状に合わせた措置を致します。

肌の色

肌の色

歯と肌の色合いとをマッチさせることで違和感を覚えさせないようにします。

年齢

年齢

患者様の年齢に合わせて、ごく自然な色や形に整えます。

素材

素材

咬み合わせや体質に応じて、もっとも適した素材をお選び致します。

バランス

バランス

個々の歯だけではなく、全体的な並びのバランスも調整し、素敵に仕上げます。

腕の良い歯科技工士との提携

熟練歯科技工士

詰め物や被せ物の作製は歯科技工士の仕事です。したがって、患者様に合わせて最適な詰め物や被せ物をご提供するためには、腕の良い熟練の歯科技工士に協力してもらうことが不可欠といえます。当院では患者様にとってベストな審美歯科治療を行うため、優れた腕を持つ歯科技工士と提携しております。

歯科技工士

歯科技工士が治療現場に赴き、患者様の口腔内を直接確認致します。

コンマ1mmの世界で調整

歯の細かな色合いや形にこだわり、コンマ1mmのズレも見逃しません。

一つ一つ手作業

一本一本の歯への補綴物を手作業で作り、患者様のお口へピッタリと合わせます。

患者様の咬み合わせや体質を考慮し、最適な素材をご提案します

体質や噛み合わせも考慮詰め物や被せ物の素材は、咬み合わせという機能や見た目の向上に大きく影響するものです。ただ、保険適用の範囲での素材はやや質的に劣ることもあるため、当院では患者様の満足度を優先させて素材を選び、ご提案しております。

たとえば金属アレルギーのある方には金属素材以外のものを、痛みに敏感な方にはソフトな素材を、という具合に人それぞれで最適な素材は異なります。

素材の選択はご予算に応じて

患者様の満足度を高めるには、治療の質もさることながら、治療費との兼ね合いも見過ごせません。そこで当院では事前に患者様のご予算をご確認し、その範囲内でベストな素材を選んでご提案するようにしております。

保険診療の範囲内での審美歯科をお求めの方でも、もっとも相応しいと考えられる素材をお選びしますので、ご安心ください。

歯の機能性を高めるためにこだわっている6つのポイント

機能性の向上口というのは食事を噛んで細かく砕き、唾液と混ぜ合わせることで身体の維持や活動に必要な栄養分を摂り入れやすくするという機能を有する器官です。

また、咬み合わせが悪いと肩や首の凝り、顎や頭、腰などの痛みがもたらされます。つまり審美歯科においても見た目だけではなく、こうした歯や口の持っている機能を踏まえた上でバランスを考慮した治療を行う必要があるということです。そこで、当院のこだわっている6つのポイントについてご紹介します。

拡大鏡を用いた精密初期治療

初期治療の徹底

詰め物や被せ物を長期にわたって維持するため、歯周病や虫歯の治療を、拡大鏡を用いて精密に行います。

咬み合わせの調整の徹底

認定医の噛み合わせ調整

歯や補綴物の咬み合わせの調整は、0.1mmの単位にまでこだわって行います。

型取りの際のシリコンの使用

型取りでのシリコン使用

型取りを正確に行うため、型取りに適したシリコン素材を用います。

ワックスアップ(形成)

ワックスアップ

事前にシミュレーションイメージを作ることで、高精度な補綴物の作製を可能とします。

精巧な仮歯

仮歯の精度

天然歯に近づけて仮歯を作製します。

歯肉圧排による装着

歯肉圧排(しにくあっぱい)

補綴物の装着を、歯肉を押し下げて行うことで、よりしっかりと適合させます。

名古屋市北区で歯の詰め物や被せ物を作ってほしいという方へ

質の高い審美歯科

みのデンタルクリニックでは審美性だけにとどまることなく、咬み合わせという機能面や良適合を始めとする生体への親和性をも考慮して、劣化しにくい補綴物をご用意致します。銀歯を変えたい、被せ物や詰め物を新しく装着したい、見た目を整えたいといったご希望のある方は、ぜひ当院までご相談ください。

トップへ戻る