小児歯科|黒川駅(名古屋市北区)1分の歯医者|みのデンタルクリニック

大型無料駐車場完備

黒川駅1分

キッズコーナー

愛知学院大学歯学部附属病院 歯周病科 非常勤講師

予防歯科

ネット予約受付

お問い合わせ・ご相談

歯科検診・初診随時受付いたします

052-910-1255

愛知県名古屋市北区田幡2-12-7-2F(黒川駅1分)

小児歯科

「今」と「未来」をつなぐ小児歯科の在り方

小児矯正・小児歯科

子供の歯を治療対象とする小児歯科では、今の歯の健康だけを見ていては足りません。子供の将来の歯並びや歯の健康までをも考えた上で、治療方針や方法を選ぶ必要があります。当院では治療を通じ、お子様のより良い未来を目指す手助けをしたいと思っております。

乳歯の虫歯が永久歯に与える影響

乳歯が虫歯になれば、永久歯へ虫歯のリスクは高くなります。ですから、みのデンタルクリニックでは早い段階から乳歯に虫歯にならないように予防処置とアドバイスに力を入れております。

乳歯が虫歯になると、口の中に虫歯菌が増殖します。すべて永久歯に生え変わるまでに、一度に乳歯が生え変わるわけではありません。大きな虫歯によって乳歯が早く抜けたりし、永久歯が正しい位置に生えられず歯並びに影響を与えてしまいます。また、虫歯を気にして、しっかり噛まなかったり、左右どちらかだけで噛んでいたりすると顎の成長も悪くなり、かみ合わせや歯並びに影響を与えます。

乳歯が虫歯になっても、永久歯には影響ないと思わず、乳歯が生え始めた時からケアをしてあげましょう。

院長による「小児歯科ブログ」をご覧ください

当院で連載している院長ブログの小児歯科カテゴリがございます。院長の子供の歯に関する想いや治療法などについて詳しく記載しておりますので、ぜひご覧ください。

小児歯科に関するブログ記事はこちら>>

子供たちから親しまれる「歯医者さん」を目指して

歯医者さんを好きになる

虫歯の治療は、患部を削って消毒し、詰め物や被せ物をするという手順で行われます。これは大人と子供とで大きく変わることはありません。ただ、子供を患者とする小児歯科の場合、治療前に子供の抵抗感や不安を和らげるといった工夫が必要となります。そこで当院の実践している方法についてご説明致します。

① 治療にあたっての下準備

お子さまの緊張緩和

まず、初めて治療するお子様に対しては、治療や施術を焦ることなく、緊張や不安を和らげることから始めます。リラックスして治療を受けていただくことで、今後の治療も行いやすくなりますし、定期検診などに対する抵抗感もなくすことができるのです。

② 親子双方への丁寧な治療内容説明

お子さま目線の治療説明

保護者の方へ治療の内容をご説明するのは当然ですが、さらにお子様へもきちんとわかりやすく治療のやり方をご説明致します。これによりお子様も歯の大切さや放っておいた場合の危険性などを理解してくださいますので、ご家庭での歯みがきなどへ力を入れるようになります。

③ 安心治療を保護者の方と共に

親御さん同席での治療

お子様の治療時に保護者の方の同席をいただくことで、お子様が安心して治療を受けられるように取り計らっております。またご説明通りに治療がなされていることをご確認いただけますし、治療の進み具合なども把握できます。ご家族が一丸となってお子様の歯の健康を保てるようサポート致します。

④ 歯並びを整える咬合誘導のご提案

顎の発育面のご提案

身体のあらゆる部分と同様に、お子様も歯や顎の骨もまた絶えず成長を続けています。歯並びというのは繊細なバランスの上に成り立つものですから、時には成長によって歯並びに支障が生じてくるケースもあります。そこで患者の方にご提案しているのが「咬合誘導」です。これは、お子様の顎の骨の成長の仕方を誘導することで、将来的な歯並びに支障が出ないようにするという治療法です。

お子様の歯を健康に保つための当院の3つの取り組み

子どもの歯が生え揃う時期には個人差がありますが、一般的には36か月ころまでに、上下合わせて20本すべての乳歯が生え揃います。生えてきたての歯はもちろんですが、生え揃った、この3歳の時期でも、乳歯はまだまだやわらかく、虫歯になりやすいので注意が必要です。

みのデンタルクリニックでは、開院以来、多くのお子様が下記の予防的治療とホームケアにより虫歯ゼロで大人の歯に生え変わっております。それは、ご家族で欠かさず定期検診に来ていただいている賜物と考えております。

フッ素を塗って虫歯を予防

フッ素

フッ素を歯の表面に塗ることで虫歯菌の繁殖を抑え、虫歯にならないようにします。歯みがき粉などにも含まれているフッ素ですが、歯科医院ではより濃度の高いものを使用します。

細かな溝を埋めるシーラント法

シーラント法

人間の歯というのは決してツルツルではなく、食べ物を細かく咀嚼するための細かい溝があります。ここに汚れが溜まることで虫歯を誘発しますので、この溝を埋め、虫歯を防ぎます。

歯みがきの仕方のレクチャー

歯みがきをレッスン

子供の歯は小さくて脆いところがあるため、汚れが残ってしまうと虫歯になりやすいといえます。そこで当院では正しい歯みがきの仕方であるTBIという方法のレクチャーを行うことにしています。

子どもの歯周病「萌出性歯肉炎」

子どもの歯茎が急に腫れてきた!心配ですよね。

まず、お子さまの年齢にもよりますが、5~6歳頃の6歳臼歯が生えてくるころで、一番奥の歯が腫れている場合は6歳臼歯の生えてくるとき、半分ほど歯茎が被っているため清掃不良になり炎症を起こしていることが多くみられます。(萌出性歯肉炎といいます。)

萌出性歯肉炎は、痛みを伴う時が多く、風邪をひいて体力が落ちているときにも併発します。歯医者さんで消毒し、うがいをしたり、歯の周りをきれいに保つことで治ります。咀嚼、嚥下がうまくできない場合は、抗生剤を服用および歯科口腔外科にて点滴処置が必要になることもあります。

もう一つは、3~4歳頃に、一度虫歯になり歯医者さんで治したあたりが腫れている場合があります。あまり本人は痛がらないので、ママが気づいて来院されるケースが多いです。

乳歯は永久歯と比較して扁平で神経の入っている穴(歯髄腔)が大きく、虫歯をそっと取っても、後から神経が弱り感染して腫れてしまうことがあります。この場合、膿を出す処置や感染した神経の消毒をすれば治ります。しかし、乳歯は生え変わるため歯髄腔の安定している時期が短く、消毒薬が吸収されたり、 乳歯の自ら歯根が吸収し、実際の永久歯の交換時期が1,2年早くなることが多くあります。

生え変わりの時期が早すぎると永久歯の歯並びに影響しますので、やはり、子どもたちの歯の健康を守るために早くからの継続的な予防歯科検診が必要なのは言うまでもありません。

3~4歳児の仕上げ磨きをやっていますか?

ポイント

子どもの歯磨きタイムの導入がうまくできないと、虫歯が増える原因になってしまいます。乳歯は永久歯に比べ歯が薄く、歯質も柔らかく虫歯の進行が早いのです。日本小児歯科学会では、赤ちゃんに乳歯が生えた頃から歯磨きの習慣化を提言しています。歯磨きができている3歳児は約60%、4歳児で約70%とされていますが、まだまだ仕上げ磨きをしてあげる必要があります。

下記リンク先に子ども歯磨きアドバイスと赤ちゃんの歯磨きアドバイスを掲載しておりますのでご覧ください。

赤ちゃん(1歳未満)の歯磨き方法子ども(1歳以上)の歯磨き方法

注意が必要な乳歯の白斑・白濁

3つの予防処置

乳歯は、永久歯に比べエナメル質が弱く虫歯になりやすいです。母乳のうちは虫歯のリスクは少なくガーゼや綿棒で拭き取るだけで十分ですが、離乳食に入ったら仕上げ磨きを徹底しましょう。又パパ、ママの口の中の状態がお子様たちの虫歯に影響を与えますので、家族で歯科検診を受けるのをお勧めしています。

さて、乳歯の表面に白い斑点や生え際に白濁があったりしたら要注意です!黒くなっているのだけが虫歯ではなく、この白い斑点も虫歯の初期であります。 放置すると黄ばんだり茶色くなり穴があいた大きな虫歯になってしまいます。

この斑点や白濁は、口の中の汚れが十分に取れておらず、エナメル質石灰化が行われていないことを表しています。いわゆる歯の表面に細かな傷がついた状態で虫歯菌やプラークが付きやすくなり、大きな虫歯に移行してしまうことになります。

名古屋市北区で小児歯科の受診をお考えの方へ

小児歯科をお探しの方

名古屋市の北区黒川駅付近で小児歯科をお探しという方は、ぜひみのデンタルクリニックまで起こしください。当院ではお子様の歯を守り、将来にわたるお口の中の健康や歯並びを維持する治療を心がけております。さらにマタニティクリニックとして安全を第一に考えた治療も行います。ご相談はお気軽にどうぞ。

トップへ戻る