再発しにくい虫歯治療|黒川駅(名古屋市北区)1分の歯医者|みのデンタルクリニック

大型無料駐車場完備

黒川駅1分

キッズコーナー

愛知学院大学歯学部附属病院 歯周病科 非常勤講師

予防歯科

ネット予約受付

お問い合わせ・ご相談

歯科検診・初診随時受付いたします

052-910-1255

愛知県名古屋市北区田幡2-12-7-2F(黒川駅1分)

再発しにくい虫歯治療

ほとんどの虫歯治療が数年後再発して再治療になるってホント?

再治療

当院では「できる限り削らない、できる限り抜歯避ける、痛みを極力抑える」ように虫歯治療を行っています。しかし、患者様に1番お伝えしたいのは、この点ではありません。皆さまに知っていただきたいのは、「虫歯治療で1番大切なことは再発させないこと」であるといういうことです。驚かれるかもしれませんが、虫歯の再発の現状についてご説明しますのでぜひ読み進めて下さい。

2次的虫歯になりやすい銀歯を多用しない

銀歯は使わない

歯を削った時に行う詰め物、被せ物治療の素材として日本で1番復旧しているのは銀歯です。銀歯は主にパラジウムなどの合金で作られておりますが、経年劣化による変形が激しいのが原因で、銀歯治療の10年での生存率は60%程度と言われています。

銀歯治療を行った歯が再度虫歯になったり、銀歯が取れたりして再治療となるのです。ですから当院では、なるべく最小限に削り、銀の被せものにならないようにしています。

ブリッジは5年で80%が脱離する

ブリッジの脱離

銀歯同様、ブリッジも短命な治療の代表です。ブリッジは、インプラントや入れ歯に次ぐ、歯が抜けた部分を補う治療法として広く知られています。しかし、実はブリッジ治療を行った箇所の8割が、脱離や動揺など何かしらの原因で5年で再治療となるというデータがでています。

しかもブリッジは両隣の健康な歯を削ったり負荷をかけるため両隣の健康な歯の寿命も短くなるのです。当院ではこのような理由からブリッジはご案内していません。

当院ではブリッジは年間0本、銀歯の被せ物は年間10本程度しか使用していません

上記の通り、再発しない、歯科治療を行っておりますので、当院ではブリッジは開業依頼1本も行っておらず、大きく歯を削った時に歯に被せる銀歯の被せ物も年間10本強程度だけしか行っておりません。

一般的な歯科医院ならおそらく被せ物治療は400本程度は行っているでしょうが、当院は再治療が極端に少ないこと、予防歯科を徹底しているのが理由で、このような状態になっているのです。これからも「ほとんど治療しない歯医者」としてこのような状態を続けていきたいものです。

歯を抜いたり削ったりせずに行う低侵襲な虫歯治療とは

低侵襲虫歯治療

治療時の痛みへの抵抗感が大きいため、なかなか歯医者へ行けない、という方も多いようです。しかし歯科治療での痛みというのは、技術や設備の発達により年々抑えられるようになっており、今ではほぼ痛みを感じさせることのない治療(無痛治療)を行うことができます。また抜歯や削りを極力少なくした治療も行えます。どのようにして痛みを抑え、抜いたり削ったりをなるべくせずに治療するのか、具体的な方法をご紹介しましょう。

みのデンタルクリニック式!8つの無痛虫歯治療法

無痛治療

みのデンタルクリニックでは、8つの手法を駆使して治療に関する痛みを抑え、気にならない程度にまで小さくしております。完全に痛みそのものをなくすのは難しいですが、驚くほど痛みを小さくすることはできます。どのように無痛化を実現しているのか、その方法は以下の通りです。

① 歯ぐきへの表面麻酔の塗布

表面麻酔

麻酔注射を行う場合、注射針を歯ぐきに刺すのでチクリとした痛みが生じます。そこでこの痛みをまずなくすため、当院では歯ぐきへ表面麻酔を塗り、感覚を一時的になくしてから注射を行います。

② 注射針には極細のものを使用

極細の注射針

針は細ければ細いほど痛みを感じずに済みます。蚊に刺されても痛みを感じないことからもわかるでしょう。当院では歯科麻酔針の中でもっとも細い33ゲージのものを使用し、痛みを感じさせません。

③ 極小ドリルの使用

ドリル

歯を削るドリルもまた注射針と同じように、もっとも細いドリルを用います。これにより歯を少しずつ削っていき、健康な組織までをも削ってしまわないようにするのです。

④ 5倍速コントラ

倍速コントラ

実際にはそれほど痛みを感じなかったとしても、歯科用ドリルのチュィーンという高い音は、患者様を畏怖させるもののようです。

そこで当院では通常のドリルよりも5倍の速度での回転を誇る切削機を用い、回転音と振動を抑えております。これによって治療時の不安や抵抗感はかなり抑えられるようで、患者様がたからの反応も上々です。

⑤ 拡大した視野での低侵襲治療を実施

視野拡大機器

拡大鏡を用いることで視野を拡大し、削る歯の分量を極力抑えて治療することが可能となります。削る面積が広ければ広いほど治療後の痛みも強くなるため、削る分量を少なくすることは痛みを減らすことを意味するのです。

⑥ 麻酔液の温度差の解消

麻酔液

麻酔液を注入する際、冷蔵保存された冷たい状態のままで体内へ入れようとすると、温度差が刺激となり、痛みとして感じられることがあります。そこで麻酔液を注入前に専用のウォーマーで人肌まで温め、温度差を解消します。

⑦ 麻酔の不均一な力の軽減

麻酔針の刺し方

麻酔針の歯ぐきに対する不均一な力が加わると痛みが生じるため、電動麻酔器を使い均一な粘膜への力を最小限にすることで、より痛みを軽減致します。

⑧ 予防歯科により治療の必要をなくす

予防歯科

究極の無痛治療とは、そもそも治療をしないことです。もっと正確に言えば、治療の必要のない健康な状態を維持することです。健康であれば歯を削ることも抜くこともなく治療による痛みを感じこともありません。当院では予防歯科に力を入れることによって、この「健康な状態の維持」を実現できるよう努めております。

みのデンタルクリニック式!4つの「歯を削らない」治療法

削る範囲を抑える

みのデンタルクリニックこだわりの「歯を削らない」治療法。詰め物や被せ物などを用いるだけではなく、天然の歯をいかに残しつつ完全に治療し再発を防ぐかということを考えます。方法としては以下の通りです。

① 拡大鏡を用いた精密治療

精密治療

拡大鏡とは視野を肉眼の数倍程度に拡大する器具です。これによって患部を細部まで視認することができるため、不必要な部分を削らずに済みます。加えて小さな虫歯も発見しやすくなるため、早期のうちに治療に取り掛かることもできます。この拡大鏡は保険治療、自費治療を問わずに使用致します。

② タービンとエキスカの器具を併用

エキスカ

タービンとは簡単にいえば歯科用のドリルですが、これで削るだけでは健康な組織までをも取り除いてしまうおそれがあります。そこでエキスカという耳かきのような器具を併用することで、虫歯菌に冒された組織だけを手動で丁寧に除去することができます。

③ 予防歯科受診のご提案

予防歯科

天然歯を維持、保存するためには、虫歯や歯周病といった歯の病気に罹らないことがもっとも大事です。悪くない歯は削らなくともよいからです。当院では病気を予防することで結果的に削らないで済むよう、歯のクリーニングや定期検診をお勧めしております。

④ 根本治療のご提供

根本治療

痛いところだけをピンポイントで治すのが対症療法ですが、口腔内全体を診て根本的なところから改善していくことを根本治療といいます。対症療法のみだと別の歯がまた悪くなって削って、それを治してもまた別の歯が、というように後から後から患部が発生する可能性があります。根本治療によって、長い目で見れば削る回数や箇所を減らせるのです。

みのデンタルクリニック式!4つの「歯を抜かない」治療法

抜歯を回避

大人が永久歯を一度抜いてしまったら、二度と萌えてくることはありません。天然歯をインプラントや入れ歯に置き換えたところで、できる限り前の噛み心地に近づけることはできるものの、やはり完全に同じとまではいきません。そこでなるべく歯を抜かずに治療を行うように考えます。方法としては以下の通りです。

① MTAセメントを用いた歯髄保存

MTA

神経の通る根管部分が露出してしまったり穴が空いてしまったりといったケースでは、神経を抜くのではなく、殺菌作用のあるMTAセメントなどを使用することで修復することが可能です。一度神経を抜いてしまうと、歯はそこで死んでしまいます。そうなればいずれ抜け落ちてしまうのです。

② 拡大鏡を用いた精密治療

拡大鏡

患部を細部まで視認できる拡大鏡を用いることで、不必要な部分を削らずに済み、小さな虫歯も発見しやすくなります。早期治療によって歯を抜かずに対処可能となるのです。この拡大鏡は保険治療、自費治療を問わずに使用致します。

③ 重点的な歯周病治療

歯周病

大人が歯を失ってしまう原因のほとんどは、虫歯ではなく歯周病です。当院では、愛知学院大学附属病院歯周病科の非常勤講師を務める院長による歯周外科治療や歯周内科治療、歯周再生治療といった高度な歯周病治療が受診できます。他院様で抜歯をすすめられた場合でも回避できる場合があります。
(詳しくは歯周病ページをご覧ください)

④ 根本治療の実施と抜歯リスクの抑制

根本治療

重要なのは、対症的な治療を施すことではなく、そもそも患者様の口腔内に生じている問題がどのようなもので、何を原因とするのかを突き止め、その原因をなくすことです。生活習慣などをヒアリングし、虫歯や歯周病への罹りやすさを判断することもできます。根本的な原因を解決することで、歯の病気とは無縁となり、抜歯リスクを抑制することができるのです。

名古屋市北区の歯医者で虫歯などの治療をお考えの方へ

痛くない虫歯治療

みのデンタルクリニックでは、虫歯などの治療の際に生じる痛みを極力抑え、また歯を抜いたり削ったりしないことによって身体への負担も軽くします。名古屋市北区黒川駅付近で痛みも負担も少ない歯科治療をご希望の方は、ぜひ当院へお越しください。お待ちしております。

トップへ戻る