静脈内鎮静法(歯科口腔外科)|黒川駅(名古屋市北区)1分の歯医者|みのデンタルクリニック

大型無料駐車場完備

黒川駅1分

キッズコーナー

愛知学院大学歯学部附属病院 歯周病科 非常勤講師

予防歯科

ネット予約受付

お問い合わせ・ご相談

歯科検診・初診随時受付いたします

052-910-1255

愛知県名古屋市北区田幡2-12-7-2F(黒川駅1分)

静脈内鎮静法(歯科口腔外科)

投稿日:2018年6月23日

カテゴリ:ドクターズブログ

こんにちは。Dr.シンゴです。

歯科口腔外科で親知らずの抜歯によく使われる静脈鎮静法についてです。

静脈内鎮静法は、点滴により腕の静脈から鎮痛薬を注入することにより、不安や恐怖心、時間の感覚を薄くする麻酔方法です。

これによって、うっすらとした意識の中で、眠った状態とほぼ同じになりリラックスして治療が受けられます。治療が終わっても治療中のことは覚えていません。静脈内鎮静法に局所麻酔を併用することで痛みなく外科処置が可能です。

みのデンタルクリニックでは、埋まっている親知らずや前の歯に引っかかっている場合等、処置に時間がかかる場合や不安感がある場合は、より安心安全のため、チーム医療である歯科口腔外科を紹介させて頂いております。

トップへ戻る