先進予防歯科(予防中心医療)の考え|黒川駅(名古屋市北区)1分の歯医者|みのデンタルクリニック

大型無料駐車場完備

黒川駅1分

キッズコーナー

愛知学院大学歯学部附属病院 歯周病科 非常勤講師

予防歯科

ネット予約受付

お問い合わせ・ご相談

歯科検診・初診随時受付いたします

052-910-1255

愛知県名古屋市北区田幡2-12-7-2F(黒川駅1分)

先進予防歯科(予防中心医療)の考え

投稿日:2018年8月5日

カテゴリ:予防歯科

〇先進予防歯科について

従来の虫歯や歯周病で悪くなった歯をを削ったり詰めたり、抜いて入れ歯にする治療とは異なるのが予防歯科です。

歯だけでなく、口腔内環境を清潔に保ち長期的に維持するため、歯科医師や歯科衛生士の専門的な定期検診やブラッシング指導と生活習慣の改善に努める医療を言います。

今まで行われてきた治療中心の医療から予防中心の医療に移行することに、ようやく日本の歯科医療も目を向け変わりつつあります。

イギリスや虫歯のほどんどないスウェーデンでは子どもの予防中心医療が確立しています。また大人の場合、保険制度がなく、歯の治療となると高額な負担を強いられるため、若いころから予防管理に継続的な定期検診を受けております。

このように予防中心医療は世界の常識になりつつあります。

どんな病気でも、未然に防ぐことができればよいですよね。そのポイント、アドバイスをして治療するのが、みのデンタルクリニックの予防歯科の考えです。

虫歯や歯周病の原因は歯の汚れの中に隠れている細菌です。毎日しっかり磨いているつもりでも、ブラッシングだけでは虫歯や歯周病は防ぎきることは困難です。ですから、歯科医院でのプロフェッショナルケアが必要となります。

日本の成人の80%が歯周病であるのに対して、歯の定期検診を受けている方はわずか2%です。しかし、現在は歯を悪くした人が健康管理の大切さに気づき、予防治療を受ける人が増えてきています。

ある調査では、歯科受診者の95%の方が、予防を通した健康管理の大切さに気づき、今後も予防のため通院を続けたいと思われているようです。

歯が痛くも、悪くもないのに歯医者に通う。なかなか面倒なことのように思えますね。しかし、みのデンタルクリニックでは、予防歯科の価値観を理解し、その気持ちよさを経験してもらえば、ワクワクした気持ちで自主的に通院してもらえるようになると思います。それは、美容院や床屋に定期的にすっきり、さっぱりしに行くのと同じ感覚です。

リラックスして受けられる予防治療は、従来の歯科医院の「痛い!怖い!」イメージから想像できない心地良さがあると思います。 

仕事の疲れや悩みがある時は、一度、定期検診をかねて歯のクリーニング(歯石取り)でさっぱり、すっきりされてはどうでしょうか。

トップへ戻る