口呼吸の影響(口腔機能低下症)|黒川駅(名古屋市北区)1分の歯医者|みのデンタルクリニック

大型無料駐車場完備

黒川駅1分

キッズコーナー

愛知学院大学歯学部附属病院 歯周病科 非常勤講師

予防歯科

ネット予約受付

お問い合わせ・ご相談

歯科検診・初診随時受付いたします

052-910-1255

愛知県名古屋市北区田幡2-12-7-2F(黒川駅1分)

口呼吸の影響(口腔機能低下症)

投稿日:2018年8月26日

カテゴリ:予防歯科

〇口呼吸の影響

現代は口呼吸の人が増えていると言われます。これは食生活の変化で柔らかいものばかり、噛まずに食べること、顎が小さくかみ合わせが悪い、アレルギーによる鼻疾患や花粉症、無呼吸症候群などがあげられます。

鼻呼吸を行っていれば、細菌が侵入してきても、鼻毛や上咽頭(鼻の一番奥と喉との境目)でバリアを張れます。しかし、口呼吸ではそれができず、喉の防御機構であるリンパ組織が対応できず全身への悪影響を及ぼします。

口呼吸の原因を取り除き、鼻呼吸へ切り替えることが、これからの予防中心医療に大切なこととなります。

トップへ戻る