予防歯科(スウェーデンに学ぶ)|黒川駅(名古屋市北区)1分の歯医者|みのデンタルクリニック

大型無料駐車場完備

黒川駅1分

キッズコーナー

愛知学院大学歯学部附属病院 歯周病科 非常勤講師

予防歯科

ネット予約受付

お問い合わせ・ご相談

歯科検診・初診随時受付いたします

052-910-1255

愛知県名古屋市北区田幡2-12-7-2F(黒川駅1分)

予防歯科(スウェーデンに学ぶ)

投稿日:2018年9月17日

カテゴリ:予防歯科

〇スウェーデンに学ぶ予防歯科

スウェーデンは国民の健康維持と医療費削減のために予防歯科に早くから取り組んでおり、イェテボリ大学の研究で「プラークコントロールをベースとした予防プログラムに基づく定期的歯科受診が子どもたちの虫歯と将来的な歯周病のリスクを抑制し、成人の歯科疾患予防にきわめて効果的である」と結論づけています。

 今までの日本の保険システムは、病気になってからの治療に保険を活用するものでした。「みんなの保険だからこそ、将来の有病者を減らす!」これがスウェーデンの予防の考えです。

虫歯、歯周病のほとんどないスウェーデンの平均検診率は約90%、それに比べ日本の平均検診率はわずか2~5%ほどです。日本の痛くなったら歯医者に行くという考えを改めなければなりません。

スウェーデンでは歯科医師と歯科衛生士の予防の役割を分担しております。診断と治療計画が歯科医師の役割、検診とケアの指導が歯科衛生士中心です。

初期虫歯は、歯の脱灰と再石灰化の繰り返しなので、早い段階から定期検診を続けることにより、歯を削る必要性を軽減できるのです。そのため、定期検診は初期虫歯(CO)を注意深く観察する役割もあります。

以上のことより、特に若い方、これから赤ちゃんが生まれパパ、ママになる方に家族みんなで歯医者さんに通うことをお勧めします。

歯科受診は、治療ではなく、歯科衛生士による定期的診査、メンテナンスが予防の秘訣です。

トップへ戻る