セレックを入れた歯が痛む|黒川駅(名古屋市北区)1分の歯医者・歯科医院

大型無料駐車場完備

黒川駅1分

キッズコーナー

愛知学院大学歯学部附属病院 歯周病科 非常勤講師

予防歯科

ネット予約受付

お問い合わせ・ご相談

歯科検診・初診随時受付いたします

052-910-1255

愛知県名古屋市北区田幡2-12-7-2F(黒川駅1分)

セレックを入れた歯が痛む

投稿日:2018年4月29日

カテゴリ:ドクターズブログ

こんにちは。Dr.シンゴです。先日、数年前にセレックを入れた歯が虫歯なのか、繰り返し痛むという問い合わせを受けました。

さて、セレック(被せもの)を入れている歯が痛む原因について

まず、その歯が神経を取っている歯か、取ってないかが診断に大切です。

①神経が取ってなくセレックが入れてある場合(生活歯と言います。)

この場合は、虫歯の可能性があります。

ただセレックの場合、レントゲン検査をしても、その透過性が阻害され虫歯と判断するのは難しい場合があります。

また、神経がある場合、セレックを入れて数年後に、神経が徐々に弱り、熱いもの、冷たいものがしみたり、噛むと痛む、ズキズキ痛むなどの症状が出た場合は、神経を取る(根管治療)必要となる場合があります。

②神経を取ってセレックが入れてある場合(失活歯と言います。)

時折、痛みが繰り返し出るということであれば、やはり神経を取ってある歯のように思われます。

なぜなら、神経を取った歯は、枯れ木のように弱く、根っこに感染した膿のふくろ(根尖病巣と言います。)ができたり、歯にヒビが入り感染していたりすることがあり、やがて膿んだり、腫れたりします。

ストレス社会の昨今では、寝ている間の無意識なくいしばり(体重の3倍の負荷ががかかると言われています。)、歯周病で歯を支えている靭帯が弱っていることにより、症状が増長される場合も多くみられます。

根っこ(根尖病巣)の問題を解決するのは、かみ合わせの調整、歯の周りの歯石除去、抗生剤を処方して、内部からの感染源にアプローチして、症状の軽減を待つか、腫れてきた場合、外から膿を出します。症状が重篤の場合は、被せを除去して根っこの再治療(感染根管治療)を行う場合もあります。

ですので、その原因究明に時間を要する場合はあります。

根尖病巣の場合は、完治が難しく、繰り返し痛くなることがありますので、かかりつけ医院を持ち、日頃からの歯周病治療(セルフケアとプロフェショナルケア)が大切と思われます。

トップへ戻る