歯周病治療SPTについて|黒川駅(名古屋市北区)1分の歯医者|みのデンタルクリニック

大型無料駐車場完備

黒川駅1分

キッズコーナー

愛知学院大学歯学部附属病院 歯周病科 非常勤講師

予防歯科

ネット予約受付

お問い合わせ・ご相談

歯科検診・初診随時受付いたします

052-910-1255

愛知県名古屋市北区田幡2-12-7-2F(黒川駅1分)

歯周病治療SPTについて

投稿日:2018年5月1日

カテゴリ:歯周病

〇SPTについて

歯を削る、抜く、被せるといった治療(キュア型)がメインではない、なるべく健康な歯を削らずに、抜かない治療、すなわち予防(ケア型)である、みのデンタルクリニックにおいてメンテナンス、SPTが欠かせません。

そこで、メンテナンスとSPTの違いについて説明します。

SPTは、歯周病安定期治療のことで、病状が落ち着いた歯周組織(歯茎の状態)を維持するために行う定期的な治療のことです。それに対してメンテナンスは、治癒した歯周組織(歯茎の状態)を長期間維持するための健康管理と定義されています。

SPTとメンテナンスの大きな違いは、「治療」か「健康管理」かの違いです。

みのデンタルクリニックの行っているSPTは、単なる健康管理だけではなく治療なのです。そのため、歯周組織(歯茎の状態)を診ながら歯科医師による咬合調整(噛み合わせの調整)や歯科衛生士による歯周ポケット内の洗浄・スケーリング・ルートプレーニングを行います。

SPT の目的は、歯周病の再発を防止し、その進行を最小限に抑え、歯の喪失を防ぐために行うものです。

歯の喪失を防ぐために、早い段階での歯周病治療が望ましいのは言うまでもありませんが、進行した歯周病のプロフェッショナルケアを行うと同時にセルフケアの大切さを指導するのが歯科衛生士の大きな役割です。

歯周病初期治療でスケーリング・ルートプレーニングを行い歯石やプラークがきれいに除去され、歯根面が滑らかになり、歯茎の溝(歯周ポケット)が清潔な状態になります。

しかし、この歯周ポケットは歯根面に再び糊のようにくっついてなく、非常にはがれやすい状態になっているのが問題なのです。油断するとすぐに付着が破壊され、再び歯周ポケットが深くなります。その前に歯科衛生士によるSPTを行うことで、歯周ポケットが引き締まっていきます。

今後の歯周病治療のカギは、SPT(サポーティブぺリオドンタルセラピー)と断言できます。

歯周病の状態が安定するためには、継続的なプロフェッショナルケアが基本となります。

また、患者様本人が行うセルフケアも重要です。プロフェッショナルケアによって、整った歯周環境を維持するために、毎日の正しいブラッシングが必要なのです。毎日のブラッシングによって歯の汚れ(バイオフィルム)が成熟しないようにすることがセルフケアです。

しかし、バイオフィルムが一度、形成されてしまうとセルフケアでは除去できないためプロフェッショナルケアの出番となります。つまり、セルフケアとプロフェッショナルケアの双方のバランスが 大切となります。

トップへ戻る