金属ばねが見えず、負担の少ない入れ歯|黒川駅(名古屋市北区)1分の歯医者|みのデンタルクリニック

大型無料駐車場完備

黒川駅1分

キッズコーナー

愛知学院大学歯学部附属病院 歯周病科 非常勤講師

予防歯科

ネット予約受付

お問い合わせ・ご相談

歯科検診・初診随時受付いたします

052-910-1255

愛知県名古屋市北区田幡2-12-7-2F(黒川駅1分)

金属ばねが見えず、負担の少ない入れ歯

 上顎の奥歯片側が(小臼歯から大臼歯にかけて3本欠損)すべてない場合、通常、入れ歯を作製するのに、反対側にばねを延ばし、両側に金属のばねを掛ける設計となります。笑った時に金属のばねが見え、入れ歯とわかり老けて見えてしまうことや、何より反対側にも入れ歯を大きく広げて作る必要があり、口の中の違和感も増してしまいます。また、そのような入れ歯は残っている歯にばねを掛けて固定するため、栓抜きのような力(てこの作用)が掛かり残っている歯に負担をかける欠点等があります。

それは、いやだわーとなると、インプラントが適応症となります。うーん手術も嫌だし、費用もかかるんでしょうね。

そこで、みのデンタルクリニックでは、歯に負担の少ないエステティックデンチャーをお勧めしています。

実際、やっぱりインプラントにするのは、ちょっとと思われる方には安心、安全な選択なので部分的に歯を失った方には人気があります。

笑った時に、金属のばねも見えませんし、コンパクトな作りで隙間が少なくフィットしているため、装着感に優れて、食事後に入れ歯のまわりに汚れがたまりにくいのが有意な特長です。

何よりもインプラントのように手術の必要もなく、残っている歯の負担を最小限に抑えることができます。

たとえ、残っている歯が歯周病で弱っている場合でも、歯の周りをしっかり抱きかかえるようにサポートしてくれることから、このエステティックデンチャーを選んで良かったと喜ばれる方も多いです。

このように横から見てもスッキリ、会話中も入れ歯とはわからなく、何よりも口の中の違和感や、残っている歯への負担が少ないのがいいと思います。

*症例を選びます(保険適応外)

*費用等については、治療費・保証を参照してください

トップへ戻る