フッ素塗布で歯を強くしましょう!|黒川駅(名古屋市北区)1分の歯医者|みのデンタルクリニック

大型無料駐車場完備

黒川駅1分

キッズコーナー

愛知学院大学歯学部附属病院 歯周病科 非常勤講師

予防歯科

ネット予約受付

お問い合わせ・ご相談

歯科検診・初診随時受付いたします

052-910-1255

愛知県名古屋市北区田幡2-12-7-2F(黒川駅1分)

フッ素塗布で歯を強くしましょう!

投稿日:2019年4月2日

カテゴリ:小児歯科

子どもの歯は、大人の歯より弱いってご存知ですか。

*なぜ子どものは虫歯になりやすいのか?

乳歯は永久歯に比べ平らでやわらかく歯の表面にある硬いエナメル質も永久歯の半分ほどの厚さしかありません。虫歯菌の作る酸により歯が溶けると象牙質にまで達し大きな穴が開いてしまうのです。

子どもの味覚は、大人の3倍と言われ舌の味蕾(みらい)というセンサーが最も発達します。人間の生きていく不可欠な甘味・塩味・旨味は本能的に好む味であり、特に子どもたちは甘いものが大好きです。おやつを与える時間をしっかり決めだらだら食べさせないようにして、食べたら磨く習慣をつけましょう。特に睡眠中の口の中の汚れは虫歯菌を増殖させますので就寝前の歯磨き、仕上げ磨きは徹底して下さい。

*なぜ3歳児になるころ、虫歯が多発するのか?

3歳児は個人差はありますが、乳歯がすべて生えそろう時期です。奥歯でしっかり噛めるので食事が大人と同じようにできるようになります。やわらかいものばかり食べてる偏った食事は顎の発育にも問題を与えますので栄養バランスの良い食事を考えてあげて下さい。またしっかり噛まないことにより、口の中に汚れが残り虫歯のリスクが高くなってしまいます。

また指しゃぶり、爪噛み、舌で歯を押すというような口周りの習癖がやめられないと、かみ合わせに悪影響が出てしまいます。かみ合わせが悪いと十分な咀嚼ができず口の中に汚れが残り同様に虫歯になりやすくなります。

前述したようにおやつを与える時間や就寝前の歯磨きはとても大切です。

*安全な高濃度フッ素塗布で歯を強くしましょう!

虫歯になりやすい乳幼児期・学童期に安全な高濃度フッ素塗布をして歯の質を強化しましょう。フッ素は虫歯に対する抗菌作用がありますので家庭のフッ素入り歯磨剤でのブラッシングと定期的にクリニックでの高濃度フッ素を塗布することで、より効果的な虫歯予防ができます。

4月18日(よい歯の日)新学期も始まり早めの定期検診をお勧めします。

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る