赤ちゃんの歯磨き|黒川駅(名古屋市北区)1分の歯医者・歯科医院

大型無料駐車場完備

黒川駅1分

キッズコーナー

愛知学院大学歯学部附属病院 歯周病科 非常勤講師

予防歯科

ネット予約受付

お問い合わせ・ご相談

歯科検診・初診随時受付いたします

052-910-1255

愛知県名古屋市北区田幡2-12-7-2F(黒川駅1分)

赤ちゃんの歯磨き

投稿日:2018年7月11日

カテゴリ:ドクターズブログ

こんにちは。Dr.シンゴです。暑い日が続くそうですね。熱中症に十分注意しましょう。  

さて、今回は子育て奮闘中ママへ、具体的に赤ちゃんの歯磨きについてアドバイスいたします。

赤ちゃんの歯が生えて成長の喜びと同時に、虫歯になったらどうしょうと不安を感じるママも多いと思います。

赤ちゃんの歯磨きは、いつからするのか?子育てママの悩みどころですよね。

個人差はありますが、赤ちゃんの歯は生後6~8か月頃から生え始め、2~3歳で全ての乳歯が生え揃います。

赤ちゃんの歯が生えてきたら、まず歯ブラシを使わずにガーゼや綿棒を使って歯を拭くことから始めると良いでしょう。

*生後6~8か月頃の歯磨き

赤ちゃんの歯は、最初に下の前歯2本が生えてきます。この時期は、まだ唾液の自浄性も高く、虫歯になるリスクは少ないと言えます。神経質にならず、歯磨きに慣れさせることが大切です。

まず、赤ちゃんを膝の上に仰向けに寝かせ、ママが口の中を見ることから始めましょう。慣れてきたら清潔なガーゼや綿棒で歯のまわりを拭いてあげましょう。

ガーゼや綿棒は清潔なものを使い、ガーゼの場合は、ママの人差し指に巻き(乾いていても、ぬるま湯で湿らしてもどちらでも良い)優しいタッチで拭いてあげましょう。

赤ちゃんの歯磨きは虫歯から歯を守る義務感よりも、ガーゼ磨きの段階では、あせらず赤ちゃんとのスキンシップと考え、おしゃべりと笑顔で接する楽しい歯磨きタイムになると良いですね。

トップへ戻る