歯周病と 漢方|黒川駅(名古屋市北区)1分の歯医者|みのデンタルクリニック

大型無料駐車場完備

黒川駅1分

キッズコーナー

愛知学院大学歯学部附属病院 歯周病科 非常勤講師

予防歯科

ネット予約受付

お問い合わせ・ご相談

歯科検診・初診随時受付いたします

052-910-1255

愛知県名古屋市北区田幡2-12-7-2F(黒川駅1分)

歯周病と 漢方

投稿日:2018年12月17日

カテゴリ:ドクターズブログ

歯周病と冷え性(気虚タイプ)

女性の方で冷え性の方は多いと思いますが、東洋医学では冷え性の4つのタイプがあります。

①気虚(ききょ)タイプ

*疲れやすい

*だるい

*ストレスが多い

*体力がない

*風邪を引きやすい

*食欲がない

*胃腸が弱い

*下痢が多い

このタイプの方は、歯茎(付着歯肉)がもともと薄い方が多いうえ、ストレスによる食いしばり、歯ぎしり、血流障害などにより、歯周病により歯茎が痩せて下がってくる傾向が強く、歯がしみる(象牙質知覚過敏症)症状が多くみられます。

Dr.シンゴのお勧め漢方薬

〇補中益気湯(ほちゅうえっきとう)疲れやすく、虚弱体質で、胃腸の働きを促進、活発にし食欲不振に効果があり、間接的に冷え性を改善します。

〇加味逍遥散(かみしょうようさん)イライラや不安感、情緒不安定など更年期障害、生理不順、不眠などによる冷え性に効果があります。

〇当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)身体の細い方で体力不足で貧血や、低血圧の方の冷え性に効果的です。

注)漢方薬は自分で判断せず、医師、薬剤師の指示を受けて服用しましょう。

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る